宗教指導者たちに、国内の孤児や危険にさらされている子どもたちの保護が求められた。
この呼びかけは、関係者らが増加したマラウイ国内の孤児の数を確認後に行われ、孤児の数は現在100万人を越えており、この増加はHIV/AIDSの感染拡大によるものと考えられている。

教会が1~10人のそのような子供たちを保護することができれば、助けを必要とする子供たちのこのような増加は無くなると、宗教指導者が伝えている。

孤児の数の2000年の220,000人から今年100万人以上の増加は、政府や教会がなにかをしなければいけないということを示している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください