【マラウイニュース】委員会がストリートチルドレンの排除に複雑な心境

Committee says street children removal complex

2022年4月11日 | THE NATION

ストリートチルドレン排除委員会は、路上から子どもを排除するプロセスは、対処するための多くの要因を含む複雑な問題であることに変わりはないと伝えている。

日曜日のインタビューで、ユースネット&カウンセリング(Yoneco)事務局長でもある委員長は、このプロセスには、一度排除した子どもたちが再び路上に戻らないようにするためのアプローチが必要であると話している。
「というのも、ほとんどの場合、私たちは即効性のある解決策を講じるだけで、理想的な解決策にはならないからです。なぜなら、深く掘り下げると、修正すべき社会の崩壊がどこかにあることに気づくからです」と伝えている。

委員長は、子どもたちが路上に出てしまう主な原因は金銭的な問題だと言われていますが、子どもたちが家を出て路上に出ざるを得ない深刻な要因は数多くあると述べている。

ストリートチルドレンに対する懸念として、国内の都市部でストリートチルドレンに襲われた人がいるという報告を受けている。

しかし、児童相談所法第23条では、子供たちが路上にいることを禁止している。

2017年のストリートチルドレンに関する報告書によると、ブランタイヤは1800人と最も多く、次いでリロングウェの1200人、ムズズの600人となっている。

ユニセフの推計によると、3歳から5歳の就学年齢層の49%がコミュニティベースの組織の世話になっているという。

SOSチルドレンズ・ビレッジ・マラウイ・トラストの広報担当者は、別のインタビューで、この問題に対処する最善の方法の一つは、政府が家族を強化するプログラムに資金を提供することに焦点を当てることであると述べている。
「家族制度の崩壊により、子どもたちは大きな影響を受け、たとえ違法な手段を使ってでも自分たちだけで生き残ろうとし、その過程で凶悪な犯罪をしてしまうのです」と彼女は話している。

カムズ医療科学大学の臨床心理学者は、ストリートチルドレンが更生するには心理的なサポートが必要だと話している。
「彼ら(ストリートチルドレン)は多くのことを経験しています。家という場所がないこと自体がトラウマになるのです。だから、彼らは自分たちにとって困難な生活に適応しなければならないし、犯罪行為に手を染めることさえある。」と伝えている。

ジェンダー・コミュニティ開発社会福祉大臣は、先のインタビューで、同省にはストリートチルドレンを排除するための5カ年計画があると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です