【マラウイニュース】妊娠中の病気を当たり前にしてはならない

‘Pregnancy illnesses must not be normalised’

2021年5月1日 | THE NATION

妊婦は産前ケアサービスを早い段階で探すことによって、死産の確率が減ることになり、妊婦にとって妊娠をより良く対処するのは難しいと、バラカのンカヤ地区保健監視アシスタントが伝えている。

ワールド・ビジョンがこの地域で妊婦についてのプロジェクトを行っており、ンカヤ地区のピンビ医療センターの記録によると、妊娠初期に産前医院を訪れたンジェレンジェ村の女性の数は、2019年の122人から2020年の312人となった。

ワールド・ビジョンの開発ファシリテーターによると、この地域の母親には妊娠結果、子どもの健康の改善が見られているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。