【マラウイニュース】失業とコロナが大規模な子供の人身売買に拍車

Unemployment, Covid-19 fuelling mass child trafficking in Malawi

2021年5月27日 | Nyasa Times

高失業率とコロナウイルス病(Covid-19)の影響が、マラウイでの人身売買の件数増加の大きな要因となっており、人身売買の通過点としてザレカ難民キャンプが使われている。

マラウイはいまだに強制労働と性的搾取を目的として誘拐される男性、女性、子供の誘拐場所、通過地点、売買場所になっていると、国土保障大臣が明かしている。

国内人身売買の件数は国家間の人身売買よりも多く、特にタバコ農園での強制労働のようなことは存在していると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。