大麻規制局(CRA)が、工業大麻栽培の申請をする農家グループと比較して、企業からの医療大麻栽培の申請をより多く受け取っていることを伝えた。

これまでのところ、昨年11月にライセンス料が発表されたことによって、CRAは公式に35件の申請を受けており、20以上の申請が私企業からで、残りが農業グループからの申請となっている。

大麻生産は、国内の主要外貨獲得の資源であるタバコの補填する経済的な希望となるとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください