【マラウイニュース】大麻でカステル・マラウイの社長が逮捕

Castel Malawi boss arrested over Chamba

2022年4月8日 | Malawi 24

南部警察は、カステル・マラウイ社のマネージングディレクターを、大麻の栽培の疑いで逮捕した。

南西警察管区の副報道官が、この逮捕を確認している。
「彼が逮捕されたのは事実だ 」と述べ、詳細は後日とした。

未確認情報によると、このディレクターは自宅で麻薬を密造しており、警察に密告されたという。

マラウイで大麻を栽培することは、危険ドラッグ法第19条(1)項と同様に、第6条(a)項に反する。

有罪判決を受けた者は、罰金または30ヶ月の禁固刑に処されることとなる。

カステル・マラウイは、アルコール飲料とノンアルコール飲料のトップメーカーである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です