【マラウイニュース】大統領がエネルギー産業への更なる投資を求める

Chakwera calls for more investors in energy sector

2021年6月8日 | Nyasa Times

ラザルス・チャクウェラ大統領が、国内での現在の電力需要に応えるように、エネルギー分野への投資を真剣に取り組む企業に求めた。

正しく物事を進めなければ、農業分野は、工業化のための機械を動かす電力が無いので苦しむことになる。病院では、電力がないので命が奪われ続けるだろう。電気が無いので教育分野での情報通信技術を構成するものは意味のないものとなる。
総合的に、正しくやれなければ、マラウイ・ヴィジョン2063の野心的な計画にさえブラックアウトは介入してくるだろう、と大統領は伝えている。

政府は、今後4年間で1,000MWを国内発電量に加えるために、さらなる発電所の建設やソーラー、風力、石炭のような他のエネルギー源の多様化も計画していると伝えた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。