National Cancer Centre appeals for blood

2021年1月3日 | THE NATION

リロングウェのカムズ中央病院(KCH)の新たに建設された国立がんセンターで血液不足が発生しており、医療従事者と血液を必要としている患者の間で混乱を引き起こしている。

担当の医療スタッフがSNSを通じて国民に献血を呼びかけており、事態は切迫している。
広くWhatsAppで拡散されているメッセージの一つでは、リロングウェのマラウイ輸血サービス(MBTS)事務所へ行って献血をしてもらうよう呼び掛けている。

特に小児科では更に多くの血液を必要としており、患者は貧血のため化学療法ができない状態だと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください