NSO survey indicates child labour rampant

2021年12月28日 | THE NATION

国家統計局(NSO)による最新の複数指標クラスター調査で、国内で児童労働が大きな問題となって残されていることがわかった。

調査では、5歳から17歳の子供のうち14%が児童労働に関わっており、22%が危険な環境での労働を行っていることがわかった。
また、最貧困層の子供たちは15%と児童労働に関わる可能性が高く、富裕層は10%となっている。

その調査報告では、農村部の子供たちは都市部の子供たちの7%と比べて、2倍となる15%と児童労働に関わる可能性が高く、5歳から17歳の子供の10%は経済活動に関わる児童労働に関わっているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください