ンチェウでの治安部隊の国境警備の失敗によって、ンチェウと隣接するモザンビークから調理油のような商品が密輸の増加につながっている。

モザンビークのツァンガノ地区がンチェウ地区と隣接しており、これより地元業者が小麦粉、調理油、ビール、ジュースなどを密輸入する不正な取引ルートを使用することになっている。

地元商業者によると、密輸入を行っている者は、脱税のために警察とマラウイ歳入庁(MRA)の警備不足を利用しているという。
最近貿易省は、商品の密輸を取り締まるために、マラウイ国防軍(MDF)を国境に配置する計画を明かしていた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください