【マラウイニュース】国土大臣がチクワワ-ンコンベジの灌漑事業にソーラー駆動の水タンクを寄付

Abida Mia donates solar-powered water tank for irrigation scheme Chikwawa-Nkombedzi

2021年4月19日 | Nyasa Times

ラザルス・チャクウェラ大統領が、取得可能投資プログラムの結果を祝したが、シレ渓谷の農業開発エリア(ADD)での降雨量の少なさから、このADDでの収穫量が国内の多くの地域のように豊作にはならないであろうことを認めた。

この影響を抑える方法の一つとして、国土大臣が、自身の選挙区でのティランセンベ灌漑計画の灌漑農業を活性化させるためにK900万相当のソーラー駆動の水タンクを寄付した。

この灌漑計画は、かつてワールド・ヴィジョンによって2つのソーラー駆動水タンクで支援されており、今は国土大臣がその灌漑能力を支援している。
このエリアでは、7ヘクタールの農地を耕作している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。