Domestic revenue up 4.6%

2021年11月20日 | THE NATION

財務省が税収の増加によって、2021年9月に4.6%の国内歳入増加となるK1,149億を記録したことがマラウイ中央銀行(RBM)のデータでわかった。

2021年9月の月間経済レビューで、マラウイ中央銀行は対象月内で、税収が2.8%増加してK1,091億となり、非税収の歳入が55.3%増のK58億となったと発表している。
しかしながら総歳入は3.3%減のK1,258億となった。

レビューによると、当月の総歳入の減少は海外収入での減少が原因で、国内歳入の増加を上回っていたという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください