【マラウイニュース】国会議員が死刑廃止を支持

Malawi Legislators in support of death penalty abolition

2022年4月14日 | Malawi 24

マラウイの国会議員たちは、死刑廃止の呼びかけに賛同し、その多くが代わりに終身刑を選ぶようになっている。

これは、国会法務委員会の報告書を受けたもので、委員会は、関係者の発表を聞いて、死刑廃止の問題は、憲法とマラウイ人の一般的な感情に触れるものであることを確認したという。

同委員会は、死刑廃止の声について最終的な勧告をする前に、徹底的な調査を行いたいと述べている。
「委員会は、死刑廃止に関して提示された問題を検討し、一般市民、信仰に基づくコミュニティや宗教団体、政党、非政府組織、国際社会を含む社会の大きなセクターを巻き込んで、この問題に関する調査を実施したいと考えています」と、報告書に書かれている。

しかし、先週の国会でこの問題についてコメントした何人かの議員は、死刑制度は、何人も仲間を殺す権限を与えない聖書に起因する伝統的・宗教的制度に反していると述べている。

例えば、ムワンザ西選挙区選出議員は、死刑判決を廃止する必要があると述べ、これではいつか、法廷で自分を守れなかった無実の人が、法の犠牲になってしまうかもしれないと主張している。

ブランタイヤ北部選出の議員は、過去30年間死刑執行の記録がないことは、マラウイに死刑制度が必要ないことを明確に示していると述べ、彼女の気持ちを代弁している。
「マラウイに多党制が導入されて以来、一人の大統領も死刑を承認したことがないことに、皆さんは同意されるでしょう。これは、死刑を廃止して終身刑にするのと同じことです」と議員はコメントしている。

下院議長は、この問題についての議論を抑制しながらも、機能していない法律を持つ必要はないと同意し、さらに、このような法律は廃止する必要があると付け加えている。

一方、法務大臣は死刑を「誰かを罰するための古くて野蛮な方法」だと述べている。しかし、彼は、この問題に関してさらに協議する必要があると主張している。

この報告書は8月議会で採択され、法務委員会が近々この問題に関する調査を開始することが予想される。その他の活動としては、死刑制度に関して他の国がどのようなことを行っているかの調査がある。

この問題について、死刑廃止を主張してきた法律活動家のは、国会議員による勧告をマラウイの真の正義のための大きな一歩と評している。

この活動家は、Malawi 24に対し、マラウイでは何十年も前から死刑制度に関する議論が行われており、そろそろ進歩する時期だと述べ、法務大臣と議員の声を賞賛し、廃止への希望を与えたと述べている。
「PLACの報告書と死刑に関する勧告を国会議員が支持したことは、マラウイにおける真の正義を追求する上で大きな前進です。これは、死刑廃止が、時として提示されるような政治的自殺ではないことを明確に示すものです。マラウイは近い将来、生きる権利の保護においてこの地域でのリーダーとなることができるでしょう」と話している。

この法律活動家はさらに、法務委員会が推奨する調査プロセスが迅速に行われることを第一に期待している、と伝えている。

昨年4月28日、最高裁はチャールズ・コヴィワと政府の裁判の判決を下し、死刑は違憲であると断じている。

しかし一転して、裁判所は、死刑を廃止したことはなく、高裁の裁判官は殺人犯に死刑を宣告する自由があるとし、この問題は裁判所に持ち込まれることはなかったと主張している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。