【マラウイニュース】国会委員会がマラウイ警察学校でのMCPの訓練兵の訴えを調査

Malawi: Parliamentary Committee Probe Claims of MCP Training Militia At Malawi Police School

2021年4月20日 | All Africa

マラウイ議会党(MCP)が、K62億の一部とK170億のCovid資金を党の民兵訓練にしようした疑いが上がっている。この準軍組織は圧政政権を取り戻すことを目的としているとされている。

今様々なSNSで話題となっている、調査報道とされるものによると、第一団が2021年3月7日に訓練校に入っており、6つの火器使用の訓練を受けたという。
第二団は4月4日に開始されている。

MCPのユースディレクターの国土保障大臣によると、このレポートを確認したが、報告されている若者の民兵は内閣の従業員であると確認している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です