【マラウイニュース】国会がデータバンドル期限についての動議を通過させる

Parliament passes motion on data bundle expiry

2021年5月23日 | Malawi 24

マラウイ国会が、データバンドルに利用期限をつけさせないようにする指示を政府に求める動議を通過させた。
チョロ中央選出議員がこの動議を発しており、携帯事業者らは国民から金をむしり取っていると言っている。

この議員は、マラウイはサブサハラ地域の他の国に比べて通信料金はすでに高額であり、利用期限を持たせることはインターネット利用を増加させるという政府目標に反しているため、データバンドルは期限を持たせるべきではないと伝えている。

MACRA(マラウイ通信規制局)は、購入されたデータは使い切るまで確実に使用されるべきで、国民が通信会社に利用されないようにデータを持ち越せるようにするべきだとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。