【マラウイニュース】商品価格が豊かさを脅かす – 世界銀行

Commodity prices threat to wellbeing—World Bank

2022年5月5日 | THE NATION

世界銀行は、マラウイを含む発展途上国の商品価格について、貧困削減を停滞させかねないという暗い見通しを示している。

先週発表された4月の商品市場見通しで、世界銀行は、主にロシアとウクライナの戦争によってすでにインフレ圧力が高まっている商品価格の高い国のインフレは、現在の予測よりもより不安定になるだろうと述べている。

世界銀行のシニアエコノミストは、報告書に付随する声明の中で、商品市場は非常に大きな圧力下にあり、名目ベースで史上最高値に達しているものもあると伝えている。
「これは持続的な波及効果をもたらすだろう。エネルギーや肥料などの投入価格の高騰は、特に発展途上国における食糧生産の減少につながる可能性がある。投入資材の使用量の減少は、食糧生産と品質を圧迫し、食糧の入手可能性、農村部の所得、貧しい人々の生活に影響を与えるだろう」と伝えている。

同銀行によると、エネルギー価格は2022年に50%以上上昇し、その後2023年と2024年に緩和されると予想されています。一方、農業や金属などの非エネルギー価格は、2022年に20%近く上昇し、その後数年間は緩やかになると予測されている。

小麦の価格は40%以上上昇し、今年は名目ベースで過去最高となる見通しで、特にロシアとウクライナからの小麦輸入に依存する途上国経済への圧力となる状況である。

マラウイ消費者協会の事務局長は、商品価格の上昇について、世界的な経済ショックからすれば避けられないことではあるが、マラウイの人々が大きな影響を受け、最も基本的な商品を手に入れることができない状態が続いていることは事実である、と述べている。

一方、マラウイ準備銀行は、ロシア・ウクライナ戦争が経済回復を支援する見通しを危うくし、金融政策のスタンスを見直すことを余儀なくされていると指摘している。

同銀行によると、エネルギー、肥料、小麦、その他の関連商品価格の高騰を逆転させる介入がない限り、インフレ圧力の高まりは2022年の間ずっと続く可能性があるという。

現在、国内の生活費は上昇を続けており、最新の数字では3月に平均5.45%上昇しK255,593となったが、これは主に食品価格の上昇に後押しされたものである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です