Malawi’s drug shortage worries medical doctors – Pregnant women face death sentence

2021年11月25日 | Nyasa Times

マラウイ南東部の外科手術を必要とする妊婦たちは、国内の病院での麻酔薬が不足していることから、高い死亡リスクがある。
マラウイ医師会は、国内の手術が必要な妊婦たちのリスクは高く、公立病院で麻酔薬や不足していることから命を落とす危険性があると伝えている。

マラウイ医師会会長によると、国内の麻酔薬不足によって、出産が必要な妊婦を手術することが不可能となり、帝王切開がこの国の医療がどれだけ貧しいかというのを明らかにしているという。

Nyasa Timesは、2021/2022年の薬品への予算配分が25%削減されたことから、薬品不足が予想され、必要な予算がK60億不足状態になると見積もっているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください