労働省が、設定された最低賃金を下回る賃金を労働者へ支払うことについて雇用主へ警告を行った。

労働大臣は、労働者が適切な環境で働けることと、現在MK35,000となっている政府設定の最低賃金を雇用主が従うようにするのが労働省の責任だと伝えている。

保護具を着用する作業員は、事故を回避するために保護具を提供されなければならないとも大臣は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください