Hunger hits again

2021年8月26日 | THE NATION

マラウイ脆弱性評価委員会(Mvac)が、援助の食糧を求めている人々の数が43%減少し、昨年の260万人から150万人となっている。

経済計画開発省と公共部門改革の試算によると、脆弱性の高い人々に対して、K79億4,000万相当の3万5,296トンのメイズが必要になるという。

委員会の事務局長によってサインされた声明では、飢餓の影響を受けた125万2,277人の人々は農村部の人々であり、18万6,254人は都市部の人々、5万7,915人は県央に住む人々であったと省は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください