マラウイの多国籍企業は、アメリカ、EUなどへタバコを販売することで年間数十兆円売り上げており、そのタバコは厳しい就労環境の中生産されている。
その大部分が14歳以下の子供たちによって行われていることが、2年前のガーディアンの調査で判明している。

ライフスキルの搾取と移転の違いを理解することは、コミュニティに入りこむ開発業者にとっては重要なことである。私たちは文化規範の曖昧な線引きと複雑さ受け入れなければならない。
世界は一つの筆で描かれるべきではないのだ。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください