Mchinji Council in fight against child labour

2021年11月19日 | THE NATION

ムチンジ県議会の計画開発ディレクターが、政府と関係者の県下での児童労働撲滅の努力にも関わらず、児童労働の件数が増加していることに嘆いている。

ディレクターは、県下の政府当局を含めた様々な関係者によって行われている、児童労働の実施管理にギャップがあると伝えている。
様々な場所で子どもたちを労働へ追いやることとなる貧困と食糧保障に対処するために、多くの施策が行われているという。

ケア・マラウイのプログラム・マネージャーは、児童の人身売買を対処していた自身の経験から、コミュニティが児童労働を永続と削減の両方の面で重要だと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください