【マラウイニュース】免税週間に事業者らが沸く

Duty-free week excites businesses

2021年1月19日 | THE NATION

地元企業や商社は、政府が免税週間をようやく実施したことは、チャンスを利用して事業を拡大しようとする企業にとって好都合だと述べている。

2021/22年度予算案で国会で宣言された「免税週間」は、国民が国境で関税を支払うことなく、3,000ドル(約K250万)を超えない関税の商品を輸入できるように、毎会計年度内で1週間設けられるものである。

財務大臣は、今年1月23日から1月29日まで実施される免税週間のガイドラインを承認している。

18日のインタビューで、マラウイ越境貿易協会の会長は、これを収入向上のチャンスと捉えていると述べている。
「我々は、政府がこの重要な措置をようやく実施したことに拍手を送りたい。上限は制限されていますが、それでもこの規定は企業の収入を増やすのに大いに役立つでしょう。しかし、これは国内では新しい催しであるため、もっと周知してもらいたい。」と話している。

会長は、国境を越えた友好的なこのような取り組みの導入は、経済活動の多様化につながり、国の経済発展に貢献すると伝えている。

マラウイ商工会議所会頭は、個人に機会が集中しているように見えると指摘した。
しかし、企業もその恩恵を受ける準備ができていると話している。
「少量の輸入を希望する企業は、ビジネスを成長させるためにこのチャンスを利用することができます。しかし、我々は、政府が大衆を教育し、最終的に利益が得られるようにしたい。マラウイ歳入庁(MRA)のこの取り組みに関する通知によると、この規定の対象となる商品は、関税・消費税法に定義された免税期間中にのみ輸入されるものです。」と伝えている。

また、MRAは、商業用か個人用かにかかわらず、商品のカテゴリーによると指摘している。

この規定の適用を受けるには、輸入者は特定の商品について関係当局から必要な許可を取得することになっている。

2022年1月14日付の官報によると、政府は商品価格の上限を3,000ドルに据え置く一方、対象商品を7日以内に購入された輸入品に限定しているとのことです。

規定では「2022 年 1 月 23 日から 2022 年1月29日までの 1 週間を免税週間とし、2022年関税・消費税[免税週間]規則を適用する。免税週間が宣言された場合、以下の商品のみが、規則3-関税目的の通関価格が3,000ドルを超えない商品に基づく関税の一時停止の対象となる。 (b) 免税週間中に輸入され通関のために入力された商品のみが対象となる。」となっている。

マラウイ先住民ビジネス協会の会長は、先のインタビューで、免税週間を歓迎する一方で、受益者を期間内に商品を購入した者に限定する条件について懸念を示している。
「1週間という期間は、一部のビジネスマンが海外に出かけて商品を見つけ、それを輸送するためには短い。」と話している。

2020年大統領選再選挙前のトンセ同盟の選挙公約である免税週間は、地元企業や個人が国境で関税を払わずに商品を輸入できるように設定されたものである。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。