【マラウイニュース】停電に怒った住民がESCOMの事務所に押しかける

Angry residents storm ESCOM offices over power outage

2022年3月9日 | Malawi 24

マチンジリのゴンゴンダ、マゴンボ、マドゥリラ村の住民は9日、電力供給公社が故障した変圧器を修理しなかったことに対する怒りを示すため、ブランタイヤのマラウイ電力供給公社(ESCOM)の事務所に押しかけた。

怒った住民たちはジネリー・コーナーにあるESCOMの発電所の門を封鎖した。

住民が集会を開き、ESCOMの南部地域マネージャーが、電力供給公社が今週の金曜日に変圧器を修理する予定であると明言した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。