Low wage earners find it tough to survive—report

2021年10月19日 | THE NATION

世界食糧計画(WFP)のデータによると、都市部での一般的な家庭の生活に求められる最低支出が、平均6.5%増加し、不況が確実に近づいている。
例として北部地区の農村部では、一般家庭の生活に必要な費用は5.8%増加していた。

生存最低支出バスケット(Smeb)は、生存を維持し、命を守るのに必要な物を維持するのに必要な生活完全最低合計額で、特定の人権をはく奪することも含まれることもある。

先週公開された最低支出バスケット報告でWFPは、都市部の測定期間内での財政面における合計支出はK64,422からK68,591へ増加し、北部農村部ではK35,334からK37,400に増加した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください