【マラウイニュース】企業による国内顧客向け電力解放

Firms free electricity for domestic customers

2022年7月6日 | THE NATION

マラウイ電力供給公社(Escom)は民間セクターと提携し、23メガワット(MW)の電力を解放して、ピーク時の国内顧客への供給難を緩和した。

Escomのシステム・市場運営ディレクターは、このパートナーシップにより、一部の企業がオフピーク時に自発的に稼働し、23メガワットを家庭用需要家が使用できるようになるとインタビューで述べている。

彼は、これまでにイロヴォ・シュガー(マラウイ)社、サリマにあるマラウイ・マンゴーズ社、ミスコー、フアミン・スティール、ヘルス・アンド・ビューティー・ケア社と提携し、停電の影響を最小限に抑えてきたと述べている。

Escomはその見返りとして、各社に料金の優遇措置を提供している。

この23メガワットは、約23,000人の顧客、またはンカタベイ、ムジンバ(ムズズとルンピを含む)に供給するのに十分で、午前7時から正午、午後5時から午後8時の間のピーク時に国内の電力利用者に利用できるようになる。

マラウイでは、熱帯低気圧「アナ」の影響でカピチラ水力発電所が使用できず、129MWの電力が失われたことなどから、深刻な電力不足が発生している。

また、寒波の到来により状況はさらに悪化しており、最近全国送電網に接続された太陽光発電設備による補完的な発電にも影響が出ている。

ディレクターは、太陽光発電は送電網に約80MWを供給することで電力供給問題の緩和に役立っているが、まだ課題が残っていると話している。
「晴れた日には、太陽光発電はエスコムの負荷軽減に役立っている」と伝えている。

供給側では、Escomは、製糖会社の発電機を電力会社のシステムと並行して稼働させることもイロヴォと協議している。

この協定により、Escomは砂糖メーカーに電力が不足したときだけ電力を供給することができ、その結果、システムの他の顧客のために電力を放出することができるようになる。

イロヴォ (マラウイ) 社のマネージング・ディレクターは、このパートナーシップは、安価な食料とエネルギーの供給を通じて、繁栄するコミュニティを作りたいという思いから生まれたものであると話している。
「このため、灌漑のパターンを変えて、オフピークの時間帯により多くの電力を使うようにし、必要な電力の一部を最適化しています」と彼は述べている。

マラウイ商工会議所の会長は、オフピーク時に生産をシフトすることで、電力需要を4メガワット削減できたと述べ、同社はさらにEscomと節電方法について協議中であると付け加えている。
マラウイ・マンゴーの取締役兼農業運営責任者は、オフピーク時の電力利用を全面的に受け入れていると述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です