【マラウイニュース】企業が銅の埋蔵を発見

Firm discovers copper deposits

2022年5月16日 | THE NATION

マラウイの探鉱採掘会社であるアフリカン・ミネラルズ・アンド・エナジー・ホールディングス社は、カロンガ県のブンディで銅鉱床を発見したことを認めた。

その後、大規模な銅の採掘と加工に乗り出す予定であるという。

アフリカン・ミネラル社の創業者のマネージング・ディレクターは、国内総生産に対する鉱業の貢献度が1%未満である現在、この発見は会社と経済に大きな財務的利益をもたらすと声明で述べている。

この銅鉱床は、カロンガ市の中心街から60キロの地点で発見されている。
「この地域の重要な地質学的情報を追跡した結果、ニイカ高原で高品位銅鉱石の鉱脈を発見したことを確認することができました。この開発により、アフリカン・ミネラルは、操業開始後、マラウイで銅鉱山を開設・運営する最初の企業となる予定です。今後、環境・社会影響調査を行い、採掘開始のための政府承認を得る予定です。今あるのは、先日政府から交付された探鉱ライセンスだけだ」とマネージング・ディレクターは話している。

彼はまた、同社は今後、さらなる鉱床を探索するために、この地域での詳細な掘削に着手すると伝えている。

ディレクターは、採取産業透明性イニシアティブが、石油、ガス、鉱物資源の管理においてオープンで説明責任を果たすよう、鉱山会社に求めていることを認めている。
「この重要な発見を全国民に知ってもらうために公開するのは、この精神に基づくものである」と話している。

さらに、同社はこの鉱物を加工して完成品として輸出し、外貨の獲得と雇用の創出につなげる意向であることを明らかにしている。

そのためには、マラウイ政府や地元コミュニティからの支援が必要だという。

ラザルス・チャクウェラ大統領は、最近の声明で、国の鉱物資源は経済全体を変えることができると述べている。

大統領は、マラウイ政府は250以上の採掘ライセンスを発行しているが、同国には適切な鉱業が存在しないこと、またそのようなリターンがないことを懸念している、と伝えている。

ロンドン金属取引所における現在の銅の価格は、1トンあたり約8,500ドル(約K700万)となっている。

アフリカン・ミネラルズは2017年に設立され、ンタリレ(石炭)、ルフィラ(石炭)、ムパタ(石炭)、ブンディ(銅と石灰岩)に約300平方キロメートルの鉱区を保有している。

同社は、ザンビアのアフリカン・エナジー・アンド・パワー社(60%)、アフリカ・レール社(25%)、アフリカン・ミネラルズ・アンド・エナジー社の支配権を持っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。