Human trafficking cases in sharp rise—Report

2021年9月14日 | THE NATION

マラウイは未だ人身売買の流行地であり、2021年6月国務局人身売買(TIP)報告では、件数が2019年の147件から2020年の688件へ急増していた。

この報告では、モザンビーク、南アフリカ共和国、ザンビア、ケニア、タンザニア、イラク、クウェート、サウジアラビアでのマラウイ人の性労働人身売買被害者が確認されていた。

被害者の特に少女は、国内の事業や中には性労働者として連れていかれることもあり、一方、男性と少年は一般的に南部地区から中央地区や北部地区へ連れていかれ、農園、ヤギや牛の飼育、レンガ作りの強制労働を強いられることになる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください