【マラウイニュース】人権団体がMCPの非道行為の被害者は補償されるべきだと伝える

CHRR says victims of MCP atrocities should be compensated

2021年6月21日 | Malawi 24

人権回復団体(CHRR)がラザルス・チャクウェラ大統領へ、マラウイ議会党(MCP)の残虐行為の被害者に対して補償を行うことを求め、被害者らは言葉だけで癒されるものではないと訴えている。

人権団体の代表は、大統領へ謝罪することを進言しており、あの時代に甚大な人権侵害があったことの確認であり、現政府は一連の事件の責任を受け入れるように伝えている。

先週、MCPの党首でもあるチャクウェラ大統領は、マンゴチのモト村を訪れ、約50年前に村を破壊し、当時独裁に反抗していたとして住民を処刑したことを謝罪をしていた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。