【マラウイニュース】人権団体が全国規模の抗議活動を検討

HRDC contemplates nationwide protests

2022年7月13日 | THE NATION

人権擁護連合(HRDC)の会長は、本誌記者とのインタビューの中で、政府が社会経済危機を食い止めなければ、同団体は新たな抗議行動を起こすと警告している。

2020年の大統領選挙に先立ち、トンス・アライアンスはマラウイ国民に多くの公約を掲げました。2年後、その成果をどのように評価していますか?

トンセ同盟は選挙期間中に約束したことをいくつか果たしましたが、マラウイ国民の期待に応えることはできず、経済の間違った方向性、増え続ける失業率、必須商品の価格上昇、インフレの結果、マラウイ国民は以前よりも貧しくなっています。
例えば、トンセ政権は100万人の雇用を約束しましたが、2年経っても雇用を創出したことを示す証拠は何一つありません。
さらに、政府は雇用創出のための計画さえ発表していない。
この約束は、史上最大の選挙運動のデマである。国民経済力強化基金(Neef)の下での女性や若者、その他の零細起業家への融資の支払いさえ、政治的干渉が再び頭をもたげてきているため、不透明なままである。
この基金への資金提供は断片的にしか行われず、多くの若者や女性たちを失望させている。

トンセ同盟は、汚職に関してどのような成果を上げているのでしょうか?

ラザルス・チャクウェラ大統領は、初期の主要な演説で、汚職と不正の悪臭を除去するためにマラウイを消毒すると宣言し、マラウイの発展の遅れの原因は、この悪の双子にあるとしていました。
しかし、レトリックと汚職の疑いのあるレベルの現実との間には、昼と夜のような溝がある。
実業家ズネス・サッタル氏に関するACBの報告書は、汚職を終わらせるというより高い道徳的根拠に基づいて政権を取ったトンセ同盟のイメージをさらに悪化させた。

トンセ政権は、Covid-19との戦いに割り当てられたK62億の大部分が悪用されたとされる大規模な強盗を何度も目撃しており、関係者のほとんどに対してほとんど処置が取られていない。

政権はまた、納税者のお金K172億とCovid-19のドナー援助K3000億以上を監査すると約束したにもかかわらず、それを怠ってきた。
実際、国家監査院による最近の監査では、K172億のうちK35億が使途不明であることが指摘されている。
しかし、この報告書が発行されてから2ヶ月が経つが、誰も責任を取らず、逮捕もされていない。
いつも通りなのだ。

公共部門を改革し、縁故採用をなくすという公約はどうでしょうか?

公共部門改革にまつわるすべての熱意とファンファーレにもかかわらず、チャクウェラ大統領はサウロス・チリマ副大統領とそのチームによって提示された勧告を実行する気がないようで、このプログラムは死産となったようである。
さらに残念なのは、この運動に資金を提供しているにもかかわらず、大統領がこの文書を秘密にすることを決めたため、国民が報告書の内容を知ることはないだろうということである。

トンセ同盟はまた、縁故主義によって特徴付けられている。
公的な任命は、南部や北部の出身者を犠牲にして、トンセ政権の政治的基盤である中部地方に大きく偏っているのです。

最近、あなたはトンス・アライアンス政権を独裁的と評しました。詳しく教えてください。

過去2年間、政府が人々の自由を制限する法律を可決したのを見たからです。
昨年は、労働者がストライキを行う自由を制限する労働関係修正法案に大統領が同意するのを見ました。
この法案は、憲法で保証された結社の自由を含む多くの基本的権利を侵害するものです。
特に問題なのは、大統領が一貫して正当な懸念を無視し、このような悪法に同意してきたことです。

トンセ同盟とって、選挙公約を実現するための最も大きな要因は何ですか?

トンセ同盟政権の最大のDNAは、特に国益に関わる事項についての意思決定における矛盾、遅さ、優柔不断さです。
例えば、マラウイ国民は、最初の6ヶ月で内閣を評価し、非実行者は即座に解任すると約束した。
しかし、2年経ってもその査定は行われない。
Nocma(マラウイ国家石油公社)のような法定機関では、数ヶ月の間、代理の立場の人々が働いています。
この問題は、大統領府と内閣府から生じています。内閣府は、自分たちのペースで運営することを許されており、意思決定を封じ込め、国を身代金で拘束しているのです。

あなたは民主進歩党政権時代に縁故主義、汚職、縁故採用、不処罰、国家による買収と戦いました。2年後、マラウイの人々は、トンセ同盟で不足を感じています。HRDCとしてどのような計画をお持ちですか?

マラウイの人々が非常に苦しい時期を過ごしているのは事実です。
このままでは、HRDCは抗議の波を復活させるしかないでしょう。その抗議は適切な時期に行われるでしょう。

HRDCも国家に取り込まれ、以前ほど声を上げなくなったという声もありますが、どう思われますか?

HRDCは決して静かではありません。
新興の団体にありがちな、話すために話すということはありません。
重要な問題に対して発言してきたのです。
HRDCは、このトンセ政府の責任を問うという崇高な仕事を、恐れや好意なしに続けていくでしょう。

このままではいけない、変えるべきことは何でしょうか?

私たちは、強い市民社会、強い野党、チェック・アンド・バランスに関する活発な市民を必要としています。
マラウイ国民は、指導者の責任を追及するために、常に警戒を怠らないようにしなければなりません。
活発な市民がいてこそ、この国は発展するのです。
指導者たちが成果を上げていないときには、たとえそれがデモを起こすことであっても、市民が声を上げることが必要です。
また、市民の苦しみを聞き、適切なタイミングで行動を起こすことのできる、耳を傾ける政府も必要です。
マラウイの人々は、不敬罪や傲慢なリーダーシップではなく、奉仕的なリーダーシップを望んでいるのです。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です