【マラウイニュース】人権団体がコロナワクチン接種義務の政府計画を激しく非難

MHRC Rips Into Govt Plans for Mandatory COVID-19 Vaccine

2021年12月22日 | Malawi Voice

マラウイ人権委員会(MHRC)が、トンセ同盟政権による職員を強制的にワクチン接種させる動きを、違法で違憲な重大な過ちだと伝えた。

委員会の議長の署名で21日に発表された報道声明で、委員会は、ワクチン義務は医療の自由を阻害し、世界人権宣言とマラウイ憲法に反するものだとしている。

政府は複合的な利益を考慮すべきであり、個人の人権と集団としての権利の全てが人権法によって守られており、公平なバランスを取るべきだと付け加えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。