【マラウイニュース】人権団体が「生活は良くなっていない」デモの開催を迫る

HRDC threatens to hold ‘Pa ground sipalibwino’ demos

2021年8月8日 | Malawi 24

人権保護同盟(HRDC)が、トンセ同盟政府が今国民が直面している経済的苦難に対処する方策を提案できなければ、「生活は良くなっていない」デモを行うと伝えた。

HRDCによると、国民は今苦難の状況にあり、政府はこの経済的苦境と高い失業率と改善しない状況への対処方法について、明確な計画を考えだすべきだとしている。

HRDCの議長は、法の統治について、全ての人が、新政権が有権者の期待に沿うものだと思っていた中、詐欺と汚職の歴史を作り出しており、国民は、トンセ同盟政府の最初の6カ月でのK62億のCovid-19基金乱用スキャンダルにショックを受けて目覚めたのだと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です