【マラウイニュース】中央銀行がインフレのリスクを説明

RBM outlines inflation risks

2021年1月31日 | THE NATION

マラウイ中央銀行(RBM)は、世界および国内市場における輸送費と食料費の上昇が、同国のインフレ率に脅威を与えていると述べている。

金曜日に発表された12月のマーケット・インテリジェンス・レポートで、RBMは、世界の原油価格が7年ぶりに1バレル90ドルにまで高騰し、マラウイを含む全世界のインフレ管理に課題を突きつけると報告している。

報告書によると「インフレ率の上昇と通貨の下落は、マラウイを含む世界中のほとんどの国が現在直面している問題であり、輸送費と食費の高騰がインフレを引き起こす共通の要因である。」としている。

昨日のインタビューで経済統計学者は、現在の経済環境では避けられない、Coivd-19の大流行によってさらに悪化した商品価格の上昇は、インフレの脅威であると話している。
「原油価格の高騰と農業の先行きはかなり不透明なようです。インフレに大きな影響を与える必需品価格の見通しが立たないことを考えると、インフレ加速の懸念は、このように根拠がある。」と述べている。

マラウイ金融市場ディーラー協会の会長も、燃料価格への圧力が高まり、クワチャに圧力がかかると、インフレ上昇は避けられないと発言していることが記録されている。

マラウイのインフレ率は、食料品と非食料品のインフレ率の上昇により、最近上昇傾向にある。

国家統計局(NSO)の数字によると、マラウイの2021年12月の前年同月消費者物価インフレ率は、2020年12月の7.6%に対し、11.5%となっています。

NSOによると、2020年に登録された年間消費者物価インフレ率8.6%に対し、2021年の年間消費者物価インフレ率は9.3%であった。

RBMは、2021年の消費者物価インフレ率の平均が、第3回金融政策委員会で予測された8.8%から9.1%になると予測している。

一方、マラウイエネルギー規制庁(Mera)は、2021年10月の前回見直し以降、石油製品の陸揚げコストに影響を与える主要な要因が上昇傾向にあるとして、燃料値上げの可能性を示唆している。

先週発表された声明の中で、Meraは、2021年10月に燃料価格の決定以来、クワチャはドルに対して平均1ドル=823.49Kから現在の平均1ドル=824.48Kまで0.12%わずかに下落したことを示した。

Meraはまた、ガソリン、軽油、灯油の価格安定基金の残高が平均K9億であること、自動価格決定機構の下で、陸揚げコストの変化がプラスマイナス5%のトリガーバンドを超えた場合にも価格が調整されることを示している。

一方、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は、インフレ圧力が短中期的に緩和的な金融政策にリスクをもたらすと予測している。

EIUは最近発表した説明の中で、インフレ率がRBMの目標であるプラスマイナス5%を上回っており、為替レートの下落も相まって、これ以上の政策金利の緩和は見込めないとしている。

EIUは、世界的な原油価格の上昇と消費者心理の改善を背景にインフレ圧力が高まり、RBMは今年から引き締めスタンスを採用すると見ている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です