Chinese company ordered to pay K1.7bn fine

2021年10月7日 | Malawi 24

中国国営建設エンジニアリング社が、契約違反でFISDカンパニー社へK17億の支払いを命令された。

リロングウェのマラウイ商行部門高裁が、FISDカンパニー社がこの中国企業を訴えた裁判でこの判決を言い渡した。
判決によると、FISDと中国企業は、この中国企業が2020年9月11日2021年6月の間のいつでも契約を結ぶと、FISDは請け負い業者として囲われることになっていた。

裁判中、中国企業は、この契約は違法で不当な刑罰条項があったと訴えており、契約の有効期限が決められていなかったとも伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください