Chinese community donates K1.8m cheque to Department of Immigration

2021年10月31日 | Nyasa Times

マラウイの中国人コミュニティが、移民局の能力開発プログラムを支援するために、移民局と市民サービス局に計K180万の寄付を行った。

コミュニティの代表は、移民局がプロとしての設備を整える必要性について強調しており、マラウイは第二のホームであるため、この寄付は最終的にこの国の安全の強化となると伝えている。

移民局の研究計画部長によると、不正移民の流入規制、ビザ、許可証、入出国書類の発行は、最新の入国管理戦略を入管職員に求めることになり、この寄付は切望されていた職員の能力開発を行うのに良いタイミングであるとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください