【マラウイニュース】世界銀行がクワチャ急落を予想

Bank projects steep kwacha depreciation

2022年5月12日 | THE NATION

世界銀行は、クワチャが1ドルに対して平均K896になると予測しており、この展開により、同国の輸出品は安くなり、輸入品は高くなると予想されている。

世界銀行が最近発表した「2022年マラウイ貧困見通し」のデータによると、これは前年のK827から悪化することが示されている。

火曜日のインタビューで、エコノミストは、為替レートの要因と現在のダイナミクスを見ると、現地通貨に対する暗い見通しはもっともであると話している。
「タバコの売れ行きは非常に悪く、支払いも滞っている。この2つの問題は、為替レートに深刻な圧力を与え続けるだろう。」と述べている。

一方、タバコ市場の開放から6週間後、タバコ委員会(TC)のデータによると、輸出額トップのタバコは、平均価格1.96ドル(約K1,615)で5,689キログラム(kg)から1,110万ドル(約K90億)の収益を上げている。

昨年の同時期、タバコは、平均価格1.65ドル(約K1,360)で40,968キログラムを販売し、6,740万ドル(約K555億)の収益を上げていた。

火曜日のインタビューで、TCのスポークスマンは、第4週目以降、タバコの量と価格が改善されており、その結果TCは、リロングウェ市場で週3回から毎日取引を開始せざるを得なくなった、と述べている。
「この農繁期における業界の動きを考慮すると、この傾向は予想通りです。先に述べたように、シーズン最初の数週間は、市場に持ち込まれるのはボトムリーフがほとんどであったため、このような価格となりました。ボトムリーフは通常、品質が劣ります。今、市場に持ち込まれるのはボトムリーフより上のタバコです。より良い品質の葉が良い価格を引き出しているのです」と話している。

先月、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は、外国為替不足が続く中、クワチャは今年1ドルK837に、2026年には1ドルK937.4に下がると予測している。

この予測は、クワチャが主に国内の外国為替減少のために圧力に直面し続けている時に出されたものである。

マラウイ金融市場ディーラー協会の会長は、クワチャは今後も需給の不均衡と、クワチャの将来価値に対する信頼の欠如による投機的要素に苦しむだろうとの見解を示している。

最近、マラウイ中央銀行(RBM)は、輸出代金の強制売却に関する要件を改定し、すべての輸出業者に対し、輸出代金の最低30%を公認ディーラー銀行を通じてRBMに売却し、最大でも70%を外貨建て口座に保有するよう要求していることを発表している。

この動きは、市場の外国為替流動性を向上させることを意図したものである。

一方、RBMのデータによると、2022年3月のマラウイ・クワチャは対ドルで0.18%下落し、1ドルK823.60で同月を終えている。

同様に、四半期ベースでは、クワチャはドルに対して0.51%下落している。これは、クワチャが対ドルで0.3%上昇した前四半期とは対照的である。

しかし年間では、2021年12月にクワチャはドルに対して6.0%下落している。

EIUは、外貨準備のストックの低さと外貨流入が突然終了する可能性の高さが、これらのリスクが現実化した場合、金融当局がクワチャを支えることができないため、依然として為替レートの安定性に対する主要な下振れリスクであると述べています。

さらに、慢性的な経常赤字のため、クワチャは世界的な商品価格の高騰によってさらに圧力を受け続けるだろうとしている。

外為ポジションの低下に悩むRBMは、最近、輸出代金の強制売却の要件を即座に見直すと発表している。これは、市場の外為流動性を改善するための動きである。

この新しい規定では、すべての輸出業者は輸出代金の最低30%を公認ディーラー銀行を通じてRBMに売却し、最大でも70%を外貨建て口座に保持しなければならないとされている。

一方、RBMの直接管理下にある総公式外貨準備高は、2021年3月の4億1016万ドル、輸入カバーの1.86カ月相当に対し、2022年3月は3億748万ドル、輸入カバーの1.50カ月相当となっている。2021年には、クワチャは5.91%下落し、2020年に登録された1ドル=K770.84に対し、1ドル=K816.40で終了している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。