【マラウイニュース】不公正な取引から消費者を保護

Protecting consumers against unfair trading practices

2022年4月7日 | THE NATION

とある女性が生活費の高騰の中、生き残りをかけて奮闘している。

5人の子どもたちとともに、ブランタイヤの美容院で稼ぐ月給K8万を頼りにしている。

簡単なことではなく、Covid-19の大流行で一部閉鎖された時には、8ヶ月近く給料が半分になったこともあった。
「私たちはサロンで十分に稼ぐことができず、上司は私たちの仕事を守るために半額にせざるを得なかったのです」

残念なことに、彼女は生き残りをかけて、偽造品や規格外品を安く売りつける業者に何度も騙された。

「地元の市場で偽物のマーガリンを売られたこともありましたし、賞味期限切れのベビーミルクを売られたこともありました。生活費を稼ぐのがいかに難しいかを考えると、そのお店に戻ることにしたのですが、レシートを出したにもかかわらず返金を拒否されました。」

社会問題センター (CfSC)のデータによると、ブランタイヤの6人家族は基本的なニーズを満たすためにK289,698を費やすと予測されている。

全国レベルでは、6人世帯の場合、食料品はK147,134、住宅、電気、水道などの非食品はK107,985が必要となる。

マラウイ消費者協会の事務局長は、不当な価格で規格外の製品を供給する悪徳業者に市場を乗っ取られてしまったと指摘している。

「産業界や商人たちの行動には不満が残る。彼らは消費者をだますために不正行為やその他の反競争的な行為に手を染め、買い手が彼らの成長の原動力であることを忘れている。このような消費者に対する不正行為では、『バイ・マラウイ戦略』は機能しません。消費者は大きな不満を抱えているからです。」と話している。

彼は、競争公正取引委員会(CFTC)に、すべての企業に公平な競争環境を確保するよう要請している。

CFTCの広報担当者は、基本的な商品の価格上昇に対する懸念が高まり、委員会に申し立てられていることを認めている。

同委員会は、産業貿易省などの関係者とともに、不公正な取引慣行、特に買い占めや過剰な価格設定の疑いに関して、いくつかの査察を行ったという。
「私たちも、不公正な取引行為が疑われるときはいつでもそうしていくつもりです。これまでのところ、何人かの業者に対して調査を開始しており、今後も違反の疑いのある業者に対して調査を続けていく予定です」と伝えている。

しかし、彼は消費者に対して、自分たちの権利が侵害されないように警戒するよう忠告している。
「自分の権利が侵害された場合、まず、その侵害を行った企業の責任で問題に対処してもらうようにし、もし、苦情に対する救済を受けられない場合は、委員会に連絡すべきです」と、後方担当者は話している。
CFTCは、その任務に基づいて、不公正な取引慣行に関する調査を実施し、事業に従事する者に競争・公正取引法に基づく権利と義務に関する情報を提供し、消費者の権利に関する指導のための情報を提供するとともに、調査を実施して公開報告書を作成することが義務付けられている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。