【マラウイニュース】ロジャー・フェデラーがマラウイの学校に3000台のタブレットを寄付

Roger Federer donates 3000 tablets to schools in Malawi

2022年4月28日 | Fans Connect

テニス界の伝説的存在であるロジャー・フェデラーが、水曜日にマラウイの学校に3000台のタブレットを寄贈し、南部アフリカでの慈善活動を継続している。

フェデラーは自身の財団であるロジャー・フェデラー財団を通じて寄付を行い、ソーラーパネル付きのタブレットはマラウイの地域開発・社会福祉大臣に受け渡された。

重要なアプリケーションを搭載したタブレットには、年齢に応じた学習環境に不可欠な学習教材が含まれており、幼児期の発達を支援することができる。

ロジャー・フェデラー基金は、レソト、ナミビア、マラウイ、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエの子どもたちの教育の質を向上させることに重点を置いています。
「アフリカでは、教育に関して2つの大きな問題があります。一方では、初等教育を受けられない子どもたちがまだたくさんいる国もあります」と、財団のミッションステートメントに書かれている。

「一方、ほとんどの場合、提供される教育の質は十分ではありません。第一の点については、南部アフリカの国々はここ数年で大きく前進し、就学率も世界平均に匹敵する水準に達しています。しかし、学校教育が早期に終了してしまうことがあまりにも多い。しかし、学校教育が早期に終了してしまうことがあまりにも多い。最低限の学習目標が達成されるには程遠く、とりわけ教師が圧倒的に不足していることが原因です。ユネスコの調査によると、58%以上の訓練を受けた教師が必要とされています。アフリカ大陸で十分な教育が受けられない理由は多岐にわたり、UNOの『万人のための教育』イニシアティブの年次報告書に最もよく表れている。教育の質を向上させるためには、ロジャー・フェデラー財団がそのすべてのプログラムにおいて推進している、一連の対策が必要です。」と伝えている。

2021年のウィンブルドンでフーベルト・ハルカシュに敗れて以来、大会に参加していなかったフェデラーは、10月に開催されるスイス室内選手権でコートへの復帰を表明している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です