【マラウイニュース】リロングウェ水道局が水の無料接続を開始

Lilongwe Water Board commences free water connection

2022年4月21日 | Nyasa Times

リロングウェ水道公社(LWB)は、住居所有者が無料水道の接続を申請した住宅への水道の接続をついに開始した。

LWBカスタマー&パブリックリレーションズマネージャーは、現在LWBの北部ゾーンに位置する地域で接続を開始していると伝えている。
「今年4月1日から申請を受け付け、処理した結果、約394件の申請があり、無料給水が認められました。現在、私たちは、エリア50、ムチェジ、ンスングウィなどの地域をカバーする北部ゾーンから、接続を開始しています。」と述べている。

マネージャーによると、LWBは無料給水プログラムの開始以来、7,600件の申し込みを受けており、現在も多くの申し込みが寄せられているという。
「私たちは、受け取った申請書を確認する前に、無料水接続の資格があるかどうか審査しています」と彼女は話している。

さらに、マネージャーは、LWBの主要幹線水道から50メートル以上離れていない場所に住居があるなど、無料水道の接続条件を満たした申請者が認可されたと述べている。

このプロジェクトは、すでに無料接続を開始した地域の住民を喜ばせている。
エリア50の住民の一人は、インタビューで「妻は長い距離を歩いて水を汲みに行っていたが、今はすべて過去のことだ」と話している。
「LWBが設置した蛇口から、自宅で水を使えるようになり、とてもうれしい」、「これは、私たちが直面していた飲料水へのアクセスという課題を解決するのに役立ちます」とも他の市民が話している。

政府は水・衛生省を通じて、2022年4月1日に国内での無料給水活動を開始することを発表していた。
LWBによると、リロングウェだけでも今年7,500人がこの運動の恩恵を受けると予想されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です