リロングウェでミニバス事業者らが公共交通を麻痺させ、通勤する人々は職場へ歩くことを余儀なくされていた。

ミニバスやタクシーの運転手らが、政府に燃料価格の引き下げと、乗客数の削減命令の取り消しを求めてデモを行っていた。
エリア23を使用してシティ・センター経由で街に出ている人々は、足止めをくらい、職場へ歩いている姿が見られていた。

ムワンザでのデモでは、ミニバスとタクシー事業者らが道を封鎖したため、警察が催涙弾を使用している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください