Likoma residents hail solar power

2021年11月16日 | THE NATION

リコマ県の住人たちが、この島で昨年、電力発電公社(Egenco)によって導入されたソーラー発電電力によって生活が改善したと話している。

Egencoは2020年11月に、ディーゼル発電を使用していたマラウイ発電供給公社(Escom)による電力供給を補助するために、K32億のソーラー発電所をリコマとチズムルに建設していた。

このプロジェクトの1年後の抽出調査によると、住民らは無停電供給の状態であるとしている。
以前は、夜9時に電力供給が止まり、深夜12時まで電源を止めていたという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください