【マラウイニュース】ヨーロッパで活躍するマラウイ人のトップサッカー選手

The Top Malawian Football Players Playing In Europe

2022年4月22日 | Malawi 24

マラウイ初のサッカーのスーパースターの出現は、まだ見られていない。

他のアフリカ諸国のトッププレーヤーがそうであるように、マラウイ人がヨーロッパのサッカー界で優れたスターになるのを目の当たりにしたことがないのです。
しかし、有能なマラウイ人選手を見たことがないわけではなく、マラウイから多くの才能が誕生している。

今後、マラウイはサッカー大国となる可能性があり、マラウイのサッカー選手には、より多くの仕事の可能性と機会があるかもしれません。
ラッキーナンバーを当てるためのドリーム・ガイドを見れば、多少の運はあるかもしれませんが、サッカーのキャリアを目指すのであれば、以前の偉人たちのように体格を整え、才能を磨くことに努めたほうがいいでしょう。

今日は、世界的な評価を得たマラウイのトップサッカー選手たちをご紹介します。

ダン・チツロ

ダン・チツロは、17歳の新鋭で、2000年にわずか1シーズンでシヴォ・サービス・ユナイテッドを去り、ドイツ2部リーグのFCケルンに移籍しました。

FCケルンでは6シーズンプレーし、マラウイ出身の選手として初めてヨーロッパリーグでプロとしてゴールを決めたことでも知られている。
2006年にケルンを去り、2016年までさらにドイツの下部リーグ6チームでプレーし、16年間の海外でのキャリアを終えて引退することを選択しました。

ジョセフ・カムウェンド

2005年、20歳でマイティ・ワンダラーズを離れ、ジンバブエのキャップス・ユナイテッドに移籍したJKは、マラウイで最もホットな選手であった。

元マイティ・ワンダラーズのこの選手は、国内初の外国人選手として年間最優秀選手の栄誉に輝いた。
彼はジンバブエに短期間滞在した後、2006年にデンマークのノルドスジャエルランドFCと契約、加入し、リーグ戦16試合に出場、クラブのシーズンゴールを含む4ゴールを記録した。
しかし、シャキーラは契約の不一致により2007年にチームを去り、古巣のマイティ・ワンダラーズに戻り、1年後にオーランド・パイレーツに移籍した。

ロバート・ングアンビ

イタリアのスーパースター、ロベルト・バッジョの愛称を持つングアンビは、2005年、18歳の時にジンバブエのモノムタパFCに入団した。

翌年には南アフリカに渡り、ブラック・レオパーズと契約、2011年にはリドダ・ドゥドゥヴァを離れ、プラチナム・スターズに加入し、PSLで171試合に出場、37ゴールを記録した。
元フレイムスの攻撃的MFは2018年にレオパルドに復帰し、イタリアのローカルリーグの様々なクラブで15年間を海外で過ごした後、現役引退前の最後のシーズンに参加しました。

ロビン・ンガランデ

ロビーニョは、彼のゲームのひねりとセンスで有名であったし、今も有名である。

その技術的な才能は、シヴォを退団して2009年に加入したマメロディ・サンダウンズの育成チームから、海外16チームが獲得に興味を示すほどであった。
ンガランデは最終的にアトレティコ・マドリードを選び、リザーブチームに参加した。
しかし、スペインのラリーガでは出場機会を得ることができず、南アフリカに戻り、2012年にビッドベストと契約した。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。