ビジネスマンで政治家でもあるダウド・スールマンが、マラウイ中央銀行(RBM)にモビ・ペイの決裁事業者としての運営許可を得てたことに喜びを表した。

マラウイ国民議会党(MCP)のIT専門家でココリリコ・ホールディングスを支援しているスールマンは、モビ・ペイの最高技術執行役員(CTO)で、共同所有者の一人である。

モビ・ペイはウェブサイト、アプリ、POS端末、USSDでの電子決済サービスを提供ことを約束している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください