【マラウイニュース】メイズ生産量に不安

Maize output under threat

2021年2月18日 | THE NATION

専門家によると、洪水、投入資材助成プログラムの失敗、干ばつ、そして現在、国内の一部地域で発生している秋蚕の複合的な影響により、今年のメイズの生産量が良好になる見通しは暗いという。

しかし昨日、農業省の報道官は、北部地域で報告された秋蚕と、特にシレ渓谷での洪水は、今年のメイズの生産に何の影響も与えないと伝えている。

「農務省はまだ作物被害に関する報告書をまとめているところです。毎年、ロアー・シレは被害にさらされている。乾季でなければ、洪水だ。シレADD(農業開発局)の収穫は危ういことはほとんどなく、国の収穫にほとんど影響を与えません。熱帯性暴風雨アナの影響は、第2回目の作付予想に反映されることは言うまでもない。」と話している。

秋蚕の発生について報道官は、現在のところ深刻な蔓延はないとしている。彼は、中程度の蔓延があり、北部地域全域のいくつかの部分のみであると伝えている。

この問題に対処するために、農家が成長の早い作物や豆類を植えるよう省が支援しているという。

報道官によると、個々の作物の被害に関するデータはないが、農業省は、災害管理局(Dodma)が速報で報告したように、これまでに77,532ヘクタール(ha)が熱帯低気圧アナによる洪水の影響を受けたと認識しているという。

Dodmaの速報によると、221,755の農家が被害を受け、77,532 haが破壊を受けている。

しかし、リロングウェ農業天然資源大学(Luanar)の農業経済学者は、昨日の別のインタビューで、77,532ヘクタールの被害は、およそ14万トン(MT)のメイズの減少を意味すると主張している。

「ブランタイヤとシレ渓谷ADDが最も大きな被害を受けたと考えると、報告されたヘクタールは、この2つのADDで前年度にメイズを栽培した土地の22%、全国のメイズ栽培面積の約5%に相当します。中部地方の最近の洪水は、これらの数字に加え、さらに生産量を減少させるだろう 」と述べている。

農業政策の専門家は、トウモロコシの生産高が大幅に減少するため、政府機関は輸入してでもメイズを購入するような不測の事態への対策を開始すべきであると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です