【マラウイニュース】メイズ価格は12%上昇し不安定な状態が継続

Maize prices remain volatile, up 12%

2022年6月18日 | THE NATION

国際食料政策研究所(Ifpri)のデータによると、メイズの小売価格は収穫期にもかかわらず上昇を続けており、5月には平均12%上昇し、1キログラム当たり204キログラムになっている。

水曜日に発表された2022年5月のメイズ市場価格レポートの中で、Ifpriは、しかし、これは昨年同月(2021年5月)より約61%高く、ロシアのウクライナ侵攻に関連すると考えられる収穫後の価格下落の典型的パターンから大きく外れている、と述べている。

報告書の一部によると「メイズは引き続き南部で最も高い小売価格で販売されています。北部のトウモロコシ小売価格は、特に月の最後の2週間でより不安定になりました。5月末時点で、南部の価格は1kgあたり平均210K、中部は1kgあたり平均189K、北部は1kgあたり平均183Kであった」としている。

Ifpriのデータによると、1ヶ月間のメイズの小売価格は、ムワンザが最も高く、1kgあたりK275で販売され、ムジンバ、ムズズ、ルンピ、チリンガ、リウォンデが最も低く、1kgあたりK150で販売されている。

しかし、チクワワの5%からリウォンデの60%までの価格上昇にもかかわらず、2つの市場(チムビアとミトゥンドゥ)ではそれぞれ8%と10%の価格下落が記録されている。

水曜日のインタビューで、マラウイ消費者協会のジョン・カピト理事は、今年のトウモロコシの収量は非常に少ないと述べました。

彼はこう言いました。「市場の反応は、ほとんどが投機によるもので、切り下げと市場価格の高騰によってさらに悪化しています。

「消費者は、高値に備え、限られた在庫を持つ者は、全てのトウモロコシを売ってはいけないと認識する必要があります。

農業省のデータによると、今年の収穫量は前年に比べて14%減少するものの、第一ラウンドの作物生産予測によると、今年は約390万トン(MT)のトウモロコシを収穫する予定であるとのことです。

これにより、同国では9億トンのメイズが余ることになる。

一方、Admarcの販売は、研究所がモニターしている26市場のうち2市場で報告されたのみであった。

以前のインタビューで、Admarcの関係者は、まだ乾燥していないメイズが20%前後で推移しているため、国内の穀物商はまだメイズが乾燥するのを待っている、と述べている。

業界の専門家によれば、推奨される未乾燥メイズは10〜12.8パーセントである。

2022/23年度国家予算において、財務省は、戦略的穀物備蓄を補充するために、国家食糧備蓄機関とAdmarcによるメイズ購入のためにK120億を割り当てている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。