【マラウイニュース】ムワンザのワンストップ入管が7月に準備完了

Mwanza One-Stop Border Post Ready in July

2022年6月22日 | Malawi Voice

予定より4ヶ月遅れているムワンザ・ワンストップ入国管理所の建設工事が、当初の終了予定日である2022年3月7日から、2022年7月31日までに終了する見込みであることが判明した。

これは、運輸・公共事業大臣が、火曜日に建設現場を訪れ、同施設の工事の進捗を評価した際に明らかにされたものである。
「請負業者は、7月末までに工事を完了する予定であると断言しており、したがって、我々の期待は、彼が新しい期限を守ることである」と伝えている。

大臣は、近代的な施設が完成すれば、政府は国の経済を活性化させるために、それを稼働させるのに時間はかからないだろうと楽観的な見通しを示している。
「輸出入の処理にかかる時間が短縮されるため、国外の人々は以前よりもマラウイでの貿易が容易になり、その結果、政府により多くの収入がもたらされるでしょう」と大臣は話している。

中国ジオエンジニアリング社のビジネスマネージャーは、作業完了までのタイムスケジュールは、熱帯性低気圧からCOVID-19の大流行まで、いくつかの要因に影響されたと述べている。
「このため、マラウイ政府に引き渡される前にすべてを最終決定するための道を開くために、完成予定日が2022年3月7日から2022年7月31日に変更されました」と彼は話している。

世界銀行が資金提供したこのプロジェクトは、主要旅客ターミナル、港湾保健ビル、マラウイ歳入庁(MRA)、マラウイ基準局(MBS)などの事務所棟、検査小屋、駐車場などで構成されている。

本プロジェクトは、2021年3月7日に着工し、2022年3月7日までに政府への引き渡しが予定されており、現在85%が完成している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です