【マラウイニュース】ムランジェの農村部で砂糖価格が高止まり

Sugar Prices Remain High In Remote Areas Of Mulanje

2022年5月19日 | Face of Malawi

イロヴォ・シュガー・カンパニー社が国内での砂糖の供給を大量に確保しているため、全国の農村部の商店の中には、砂糖を高値で売っているところもある。

ムランジェでFace of Malawi記者が行った抜き打ち調査では、ナンプンゴ、チカオンダ、マカンデなどの地域では、メーカーによる値下げにもかかわらず、砂糖の価格がまだ高いことが分かった。

チカオンダ・トレーディング・センターの店主は、砂糖が非常に高価で不足していた時期に大量に注文したため、自分の店の砂糖の値段を下げることができないと話している。
「イロヴォが数週間前に比べ、多くの砂糖俵を国に供給したことは知っています。しかし、彼らが市場に十分な砂糖を供給したのは非常に遅く、同社が砂糖を供給した時点で、私はすでに高いコストで大量注文していましたので、私は価格を下げる理由がわかりません」と店主は話している。

店主は、次回からは今までと同じように通常の値段で注文しまするため、値下げは次回の入荷分からになると付け加えている。

マカンデ・コミュニティのある住民は、このコミュニティでの砂糖の値上げに頭を痛めており、以前のように砂糖のパックごと購入することは難しいと感じている。
「数ヶ月前までは、K850からK900程度だったので、何とか砂糖のパックを買うことができましたが、今はK1500の砂糖のパックを買うお金がないので買えないのです。」と話している。

8人いる家族のうち、1箱の砂糖で5~6日は持つので、自宅では砂糖を使わなくなったという。

「いつになるか分からないが、いつか良くなると信じている」と語っている。

イロヴォは、チピク・ストアなどの大型ショッピングセンターで砂糖1箱をK17,000で販売しているが、村の人々は、ミニショップのオーナーが1パックを小売価格で850~950K程度で販売することを期待している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。