Mchinji envisions 50% malnutrition reduction by 2030

2021年8月19日 | Nyasa Times

ムチンジで行われた直近の地区独立食糧システム対話会議の参加者らが、2030年までに栄養失調を半減させるために様々な施策やプログラムを実施することを決議した。

環境政策提言センター(CEPA)がこの対話会議を企画し、農村部レジリエンスと変革のための継続可能な食糧システム(TRANSFORM)プログラムの下で、ノルウェー開発基金から資金援助を受けている。

現在栄養失調は44%ほどで推移しており、参加者らはこの状況を問題であるとしており、この地区の開発の脅威であるとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください