政府がCovid-19の重篤患者に対処するために、ムズズ中央病に酸素プラントを導入することを計画している。

現在、この病院は各酸素ボンベにK62,000を支払っており、集中治療室や他の病棟で毎日15本の酸素ボンベを利用している。

Covid-19の治療では、一日に3本の酸素ボンベが必要となる。
プラントの導入は患者の管理にインパクトがあると、マラウイ公衆衛生研究所の疫学担当者は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください