Covid-19の第2波発生の中、政府は防止策を強化させることとなり、ミニバスオーナーたちはビジネスを維持のために、政府が燃料価格を下げるまで現在の乗員制限を守ることを決めた。

マラウイミニバスオーナー協会のスポークスパーソン代行によると、協会は、政府が協会からの燃料価格の引き下げの要求を満たさなければ、乗員数制限の対策に従わないとしている。

現在ミニバスは16人の乗客を対象に保険をかけているが、8人に制限されているため、保険料の引き下げも要求している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください