Mhango at the double as Malawi downs Zimbabwe

2021年1月14日 | Malawi 24

ガバディーニョ・マンゴは、マラウイ代表チームを鼓舞し、グループBの2試合目でジンバブエに2-1で辛勝し、トーナメント戦進出の可能性を残すこととなる、マラウイ人初となるアフリカ・ネイションズ・カップで2得点を決めた。

マラウイ代表監督であるメック・ムワセは、開幕戦でギニアに1-0で敗れたメンバーから3人を変更し、ヤミカニ・チェスター、ピーター・バンダ、ミシウム・モーンに代わって、マンゴ、ムブル、ステインリー・サヌディが起用された。

「特に前半はタフなゲームでしたが、勇敢に戦ってくれた選手たちに感謝しています。我々はよく戦い、この勝利に値した」と、CAFメディアの短いインタビューに監督は答えている。

この結果、マラウイは勝ち点3で3位をキープし、次週火曜日にはグループB最終戦でセネガルと対戦することになった。

マラウイにとってこの大陸大会での勝利は史上2度目となった。
マンゴがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください